オルニチン研究会

二日酔いにオルニチン!


オルニチンの含有量を謳い文句にした栄養ドリンクやサプリメントには、二日酔い防止のためのものが多くあります。

 

オルニチンは肝臓への効果が高く、そしてそれは二日酔いの予防や速やかな解消にも役立つものです。ではそもそも、二日酔いはどのようなメカニズムで起こり、オルニチンはそれにどう関わっていくのでしょうか。

 

アルコールは言うまでもなく、体に害を与えます。脳の麻痺を引き起こすため、様々な反応が抑制されたり、神経の働きが抑制されたりします。

 

寒いときにアルコールを飲むと震えが止まるのは、体が温まるからではなく、体温を上げようとする反応が抑制されてしまうためです。当然ながらすぐに分解が開始され、肝臓がアルコールを分解しアセトアルデヒドを生成します。

 

しかしこのアセトアルデヒドも有害であるため、これをさらに分解する作業が発生します。これを受け持つのもまた肝臓です。

 

このように、アルコールを分解するためには肝臓に負荷が集中するため、肝臓の機能が低下しているとすぐにこの解毒が滞ってしまいます。

 

またもともとアルコール分解が特異ではない体質というのも存在し、これもアルコール分解に時間がかかってしまいます。

 

そこで肝臓の働きを向上させるオルニチンが役立ちます。

 

オルニチンは肝機能を向上させる機能と、肝臓が受け持つアンモニアの解毒をオルニチンが先に行うことで負担を減らすという二つのアプローチで肝臓がアルコールを分解する手助けをします。

 

そのためオルニチンサプリやドリンクなどは二日酔いの予防・解消に効果的なのです。